otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・マドリードで新たに2人がクリミア・コンゴ出血熱に感染の疑い

|

スペイン保健省の発表によると、3日(土曜日)早朝マドリードで新たにクリミア・コンゴ出血熱に感染した疑いのある二人が病院に搬送されたことが分かった。


9月3日早朝にマドリード州政府は、クリミア・コンゴ出血熱に感染した疑いのある二人が入院したのを受け、スペイン中央政府保健省に連絡した。


現在までに確認されているクリミア・コンゴ出血熱感染者は2人で、そのうち一人は死亡、もう一人は隔離施設で治療を行っている。


また、一人は山を散歩中ダニにかまれたと証言していた。


先週マドリード州保健庁は、いずれの患者も海外から持ち込まれたものではなく、スペイン国内でダニなどから感染したと発表、ヨーロッパでは初めて。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。