otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 PSOEが連邦会議を行う意向 「ただし急いでいない。」

|

Veracruz


最大野党スペイン社会労働党(PSOE)のマリア・ゴンサレス・ベラクルス科学・統合・政治ネット幹事は2日、PSOEの重役が集合する連邦会議を行う予定であると発表した。 


スペイン国営ラジオ放送に出演したマリア幹事は、「私たちは連邦会議を急いでいない。 今はマリアノ・ラホイが首相選出するため協力する政党をする番である。 PSOEはその番ではない。」


マリア幹事はまた、マリアノ・ラホイの首相選出投票に対し「反対票」を投じる姿勢を変えていないと明言、なにかサプライズが無ければ組閣は失敗するだろうと語った。


PSOEは6月に行われた連邦会議で、全会一致でマリアノ・ラホイに「反対票」を投じることが決定していた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。