otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 マリアノ・ラホイ首相候補が言いたかったこと 10フレーズ

|


70923


1.国王から指名されたのは3つの理由がある。 1.スペイン国は早急に政府が必要。  2.国民は明らかに国民党を選んだ。  3.(国民党以外の)妥当な政権がない。




2.2回の総選挙と、暫定政権が8か月続いたのち、我々は”スペインは政府が必要”という市民の哀訴がある。




3.政権がないこと(暫定政権)による経済回復の鈍化は正しくない(望ましくない)。




4.一回目と二回目の総選挙の結果(による国民党の勝利) は、明々白々だ。




5.雇用問題は最大の懸案事項であり、最優先事項であった。 2011年に首相になった時点で、毎日1,400人が失業していた。 しかし、今日1,600人が働き口を得ている。




6.私は引き続きスペイン国民の税率を下げる約束を守っている。 我々の目標は、個人所得税(IRPF)の設定を18%から43.5%にすることだ。




7.ヨーロッパは現在4つの問題に直面している。 1.ブレグジットによる危機を乗り越えること。 2.雇用創出のための経済成長。 3.移民政策に関する、各国が一丸となって対応していく政策の策定。 4.テロリストとの戦い。




8.唯一主権を持っているのは”スペイン人”で、誰もそれを弱体化することはできない。(注:カタルーニャ州の独立機運を踏まえて。 また、PNV報道官はこの部分に遺憾を表明、独立機運を再燃させる。) 




9.スペインの首相はカタルーニャ州に住む700万人の市民の首相でもある。 カタルーニャ州政府と共に仕事をしてきた。 多くの点で協力し、市民の利益になることを多く行ってきた。 我々は州政府のデフォルト危機を回避したし、納入業者への支払いも保証してきた。 スペイン中央政府は自治州の財政に関してとても有利に働いている。




10.この演説に反対という人以外、全員"再々総選挙"を避けたいと思っていると信じている。。。もしくは誰か総選挙をもう一度実施したい人がいるのですか? 何回実施する予定ですか?

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。