otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 市民党「単調で信頼性に欠ける。」

|


Fotonoticia 20160830185155 800


マリアノ・ラホイ首相候補による演説に関して、投票で”賛成票”を投じると約束している市民党は「単調で信頼性に欠ける演説だった。」と批判した。


記者会見を開いた市民党フアン・カルロス・ヒラウタ報道官は「PSOEに対し棄権票を投じるように要請しなかったのは驚きだ。」「絶対過半数にたった6票、もしくは11票の棄権票で首相になる。」


演説の内容に関しては「適切だった。」と語った。


しかし、フアン報道官は地震のツイッターで「単調、古い、情熱がない、選挙至上主義。」「本当にマリアノ・ラホイは首相になりたいのか?」などと発言していた。

スペイン政権樹立問題 バスク民族主義党(PNV)「非常に驚いた。」「憤慨している。」 独立機運再燃か
スペイン政権樹立問題 ポデモス党イニィゴ・エレホン報道官「退屈で凡庸で諦めた演説。」
スペイン政権樹立問題 ポデモス党パブロ・イグレシアス幹事長「Hermano Loboだ。」
スペイン政権樹立問題 PSOEアントニオ・エルナンデス報道官「官僚的でやる気のない演説。」
スペイン政権樹立問題 マリアノ・ラホイ首相選出投票国会演説

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。