otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 バスク民族主義党(PNV)「非常に驚いた。」「憤慨している。」 独立機運再燃か

|

Fotonoticia 20160830184151 640


マリアノ・ラホイ首相候補の下院議会での演説後、バスク民族主義党(PNV)のアイトール・エステバン報道官は記者会見を開き「驚いた。」「憤慨している。」と語った。


記者会見の中でアイトール・エステバン報道官は、「ラホイ氏、国民党は少々の問題を抱えていたと思う。 (今日で)問題が一つ増えたと指摘する。」と語り、バスク地方の独立機運を再燃させた。


「バスク人は今日、未来、中央政府の被害者であることを暴いていく。」「エウスカディ(バスク地方)はスペインよりも古い歴史を持っているのだ。」「市民党と合意した自治州の組織構造を推進するのであれば、それは我々の我慢できる線を越えていることになる。」「(演説に対し)非常に驚いた。 大変遺憾だ。」と語り、首相候補を痛烈に批判した。

スペイン政権樹立問題 ポデモス党イニィゴ・エレホン報道官「退屈で凡庸で諦めた演説。」
スペイン政権樹立問題 ポデモス党パブロ・イグレシアス幹事長「Hermano Loboだ。」
スペイン政権樹立問題 PSOEアントニオ・エルナンデス報道官「官僚的でやる気のない演説。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。