otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 ポデモス党イニィゴ・エレホン報道官「退屈で凡庸で諦めた演説。」

|


Fotonoticia 20160830184214 640


マリアノ・ラホイ首相候補の演説後、記者会見を開いたポデモス党イニィゴ・エレホン報道官は、「退屈で、凡庸な演説だった。」と振り返った。


記者会見でエレホン報道官は、「彼を選ぶか混沌を選ぶか脅しただけだ。」と語った。


「ラホイは首相に選ばれないということを知っている。 “ラホイか混沌か”を言いたかったのだろう。」と首相候補を批判。 「彼は、代替政権(左派勢力主導の政権)はあり得ないと発言した。 我々はそのように思っていない。 我々は(国民党無しで)政権を樹立できると信じている。」と明言した。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。