otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 ポデモス党パブロ・イグレシアス幹事長「Hermano Loboだ。」

|


Fotonoticia 20160830175427 260


下院議会で行われた、マリアノ・ラホイ首相候補首相の演説後、議会を退出したパブロ・イグレシアス幹事長は、記者団に対し「まるでエルマーノ・ロボだ」と揶揄した。


「ラホイ首相候補の演説は、エルマーの・ロボの表紙を思い起させた。 年老いた候補が市民に対し、彼を選ぶのか、混乱を選ぶかを問う。 しかしいずれも混乱を招く結果になる(という風刺漫画だ。) この場合、混乱というのは私の事を指しているのだろう。」と語った。


Hermano Loboとは、フランコ独裁政権の後半1972年から1976年に発行されていた風刺漫画で、現代でいうところのCharlie Hebdoのような位置。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。