otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 PSOEアントニオ・エルナンデス報道官「官僚的でやる気のない演説。」

|


Hernando2 71322

(写真 PSOEアントニオ・エルナンデス報道官)


8月30日マリアノ・ラホイ暫定首相は下院議会で首相選出投票のための演説を行った。 その後記者会見を開いた最大野党スペイン社会労働党(PSOE)のアントニオ・エルナンデス報道官は、演説を振り返り「官僚的でやる気のない演説。」とラホイ暫定首相を批判した。


記者会見の中でエルナンデス報道官は「疲れ切った候補者。」「使い古された政策。」「未来への意欲がない。」などと発言し、マリアノ首相候補を痛烈に批判。


「我々が彼の政策を支持する理由を一つも示さなかった。」「彼は自画自賛をし、いい顔をしただけだ。 スペインにはそのようなことは必要ない。」「我々が「反対票」を投じる立場を変えるような意見は一つもなかった。」「したがって明日は首相選出投票で「反対票」を投じる。」と語った。


スペイン政権樹立問題 マリアノ・ラホイ首相選出投票国会演説

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。