otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 首相選出投票国会”長い一週間”

|

Congreso 1 2


6月26日に行われた出戻り総選挙の結果、マリアノ・ラホイ暫定首相が国王より首相候補として指名うけた、これを受け8月30日16時より首相選出投票の国会が開かれる。


本日30日に行われるのはマリアノ・ラホイ暫定首相の国会演説のみで、質疑応答は行われない予定。


翌31日9時から各会派代表より質疑応答が行われる。


予定されている質疑応答の順番は


スペイン社会労働党(PSOE)ペドロ・サンチェス幹事長

ポデモス党 パブロ・イグレシアス幹事長

エン・コム・ポデモス党 ハビエル・ドメネク幹事長

左翼連合 アルベルト・ガルソン党首

エン・マレア党 アレクサンドラ・フェルナンデス党首

市民党 アルベルト・リベラ党首

カタルーニャ共和主義左翼(ERC) ジョアン・タルダ党首

バスク民族主義党(PNV) アイトール・エステバン

カタルーニャ民主党(PDC) フランセスク・オムス

コンプロミス党 ジョアン・バルドビ党首

ビルドゥ マリアン・ベイティアラランゴイティア党首

カナリア連合党 アナ・オラマス党首

フォロ・アストゥーリアス党 イシドロ・マルティネス党首

ナバラ住民連合(UPN) イニェゴ・アイィ代表

新カナリアス党 ペドロ・ケベド党首


1人約30分の待ち時間で、明日は約10時間かかる予定。 従って9時から始まる国会は夜9時以降に終了する予定。


明日の首相選出投票で絶対過半数176票を下回れば、48時間後に2回目の選出投票国会が開かれ、9月2日に投票が行われる予定。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。