otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 ラホイ暫定首相明日PSOEペドロ・サンチェスと会談へ

|

マリアノ・ラホイ暫定首相は明日29日に最大野党スペイン社会労働党(PSOE)のペドロ・サンチェス幹事長と会談を行い、首相選出投票に「棄権票」を投票するよう要請する予定。


国民党は28日市民党との協議を終え、首相選出投票に「賛成票」を投じることで合意した。 これにより国民党はカナリア連合党と合わせて170票を獲得、一回目の選出投票で必要な絶対過半数176票には届かないものの、2回目の投票では単純多数決で決定されるため、もしPSOEが棄権票を入れれば、国民党は単純多数でラホイの組閣が決定する公算が高い。


明日の会談は13時から、下院議会で行われる予定。


また、2回目の選出投票は9月2日に行われ、棄権票が11票入ればラホイ暫定首相の首相選出が決定する。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。