otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 PPとC´sがラホイ首相候補選出で合意

|


Hernandogirautaacuerdo


国民党ラファエル・エルナンド国民党国会報道官と、市民党フアン・カルロス・ヒラウタ市民党国会報道官は28日、マリアノ・ラホイ暫定首相の首相選出に関して協力することで合意に至った。


8月30日から31日に行われる与党国民党マリアノ・ラホイ暫定首相の首相選出に、市民党が賛成票を投じる代わりに、両会派の間で150に渡る項目に関して話し合いが行われ、28日両会派の代表が合意書に署名した。


これにより、国民党は現在汚職により嫌疑がかけられている議員の更迭を行い、新政権樹立後は合意書をもとに反汚職を中心とした政治改革を進めていく。


今回の合意によりマリアノ・ラホイ暫定首相は169票を獲得、絶対過半数までに7票のところまできた。 


また、両会派の合意によりカナリア連合党も賛成票を投じるとみられており、実質的に170票を獲得しているものの、首相選出にはまだ届かない。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。