otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 国民党アルビオル「一方的な独立を問う住民投票なら、憲法155条が適応される。」

|

カタルーニャ州政府国民党アルビオル幹事長は27日、カタルーニャ州政府が一方的な独立を問う住民投票を行えば、憲法155条が適応され自治州政府議会が凍結、自治権が中央政府に戻されると指摘した。



エウロパプレスのインタビューに答えたアルビオル幹事長は、「独立機運の高まりは、悪いとは思っていない。 ただ、中央政府機関や、憲法155条に則るべき。」と語った。



カタルーニャ州政府与党合同会派ジュンツ・パル・シイ党は、来年の予算案に一方的な独立を問う住民投票用の予算を割くことを発表、同じ独立派で連立与党の人民統一候補が、9月28日に予定されている"州首相信任投票"に賛成票を入れるよう呼びかけた。



また、アルトゥール・マス前州首相主導で、憲法裁判所から停止命令を無視して行われた独立を問う住民投票(9N)の結果、マス前州首相、オルテガ副首相、イレーネ前教育大臣は検察から書類送検される予定で、10年の実刑を求刑される予定。 少なくとも、3人の政治活動を停止する命令が出る可能性が非常に高い。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。