otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 PSOE 12月25日に総選挙を行わない様法案改正する意向

|

Pedro sanchez reuters


スペイン社会労働党(PSOE)は首班選出が失敗し、3回目の総選挙を実施しなければならなくなった場合、12月25日を避けるための選挙法案改正法案を提出する意向を示したことが分かった。


PSOEの法案は、選挙法51条”総選挙実施を宣言してから38日後に選挙運動を開始、その期間は15日間”という部分で、15日の期間を7日間に短縮するというもの。


憲法99条によると、”最初の首班選出投票から2か月間の間に、どの首相候補も信任投票を下院議会から得られない場合、スペイン国王は上下院を解散し、新しい総選挙を宣言する。”


これにより、もし今回組閣が失敗した場合、12月25日に3回目の総選挙を実施しなければならない。


PSOEの改正法案が可決されれば、12月18日に3回目の総選挙となるが、この後下院議会で論議、投票を行わなければならない。 可決するためには絶対過半数176票が必要。


ソース

Qué propone el PSOE para evitar elecciones el 25 de diciembre

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。