otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

"イタリアの様な地震は低い確率だがスペインでも起こりうる"(スペイン国土地理院)

|

Faluts

(写真 IGME発表 活断層)


スペイン国土地理院によると、24日早朝にイタリアで起きたマグニチュード6.2の地震は、”非常に難しいが、イベリア半島中央と二つの高原台地において、低い確率でありうる”と語ったことが分かった。 エウロパプレスが報じた。


スペイン国土地理院カルロス・ゴンサレス研究員によると、イタリア中央部は地震の危険性が高い場所であり、今回起きた地震は、イタリアの下に潜り込んでいるアドリア・プレートをアフリカ・プレートが押したことによってひきおこったものとのこと。


また、今回の地震により160回以上の余震が発生、余震は数日続くだろうと指摘。


カルロス・ゴンサレス研究員によると、スペインでの地震の危険性が高い地域は、アルメリア、ムルシア、グラナダ、(ポルトガルの)サン・ビセンテ岬、カディス、ジブラルタル海峡、アルボラン海からメリリャ自治都市の他、アルジェリアでも地震の活動が活発で、スペインにも影響がある可能性がある。


その他、活動が弱い地区では、ピレネー山脈、ガリシア地方。 


また、ほぼ活動がないところで、カスティーリャ・イ・レオン、マドリード、カスティリャ・デ・ラ・マンチャ北部。


ソース

Un terremoto como el de Italia es posible aunque poco probable en España, según IGN

IGMEスペイン活断層データベース

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。