otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 PSOEパチ・ロペス前会員議長「PSOE連邦委員会の招集予定なし」

|


Lopez 1


組閣が急がれるスペイン政府は、8月30日31日と一回目の首班選出投票が行われる予定。 その中で国民党と市民党はマリアノ・ラホイ暫定首相の首相選出に向け協議が行われている。 一方で、選出のカギを握る最大野党スペイン社会労働党(PSOE)の「反対票」から「棄権票」への変更が待たれるが、PSOEパチ・ロペス前下院議長(現政治行動・市民幹事)は、新たなPSOEの連邦委員会の開催を行う予定は、今のところない。」と明言した。


PSOEが発表している「反対票」から「棄権票」に変更するためには、PSOEは重役での会議連邦委員会を招集し、意見を変更する必要があるが、パチ・ロペス議員はこれを否定、"今のところ"その予定はないと発言した。


また、エル・パイスのインタビューに対し「今日、政権樹立の責任はマリアノ・ラホイにある。 彼が協力する会派を探さなければいけない。」と指摘した。


ソース


Patxi López niega una nueva convocatoria del Comité Federal del PSOE

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。