otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 国民党と市民党の協議続く

|


Ppcs3


先週金曜日に開始された、マリアノ・ラホイ暫定首相の首班選出投票のための国民党と市民党の協議が22日再開された。


マリアノ・ラホイ暫定首相の首相選出のため、下院議会で行われる首相選出投票で市民党が「賛成票」を投じる代わりに、国民党は市民党の反汚職のための6か条を承認、および首班選出投票日の日にちを設定した。


今日から会議に参加した、国民党政治研究副幹事長のアンドレア・レビはこの会談を「短期的な戦略のためではない。 スペインと、スペイン国民のための(首班選出)投票だ。」と位置付けた。


また、スペイン社会労働党(PSOE)ペドロ・サンチェス幹事長に対し、政治生命を維持するために「NO」を堅持し、3回目の総選挙を誘発しない様呼びかけた。


現在国民党と市民党の議員13人が協議に参加。 来年度予算案などに関する4つの案件で協議を進めている。


ソース


PP y Ciudadanos retoman las negociaciones con la mirada puesta en el PSOE

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。