otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 市民党 ペドロ・サンチェスが望む結果が出るまで総選挙が行われることに異議

|

Fotonoticia 20160821125444 800


カルロス・カリオサ市民党国会報道官は21日、マリアノ・ラホイ暫定首相の首相選出投票に反対票を投じることを堅持していることに対して「ペドロ・サンチェスは、彼が望む結果が出るまで総選挙を行うことを望んでいる。」と語り、スペイン国民にそのようなメッセージを送り続けるのをやめ、政治的な硬直状態をやめるよう明言した。



このようにバルセロナで記者団に対し発言したカルロス議員は、9月に行われる予定のカタルーニャ州首相の信任投票に関して「市民党は、分離独立に向けた独立プロセスを推進している首相に対し、信任することはできない。」とし、カルレス・プッチデモン州首相に対し、「反対票」を投じる構えを見せた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。