otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

トルコの結婚式で爆発 花嫁、花婿を含む50人余りが死亡

|

Fotonoticia 20160821011350 380


トルコ南東ガシアンテプで行われた結婚式で爆発があり、少なくとも50人が死亡した。 地元メディアによると、花嫁と花婿も犠牲になったと報じている。



トルコのエルドアン大統領は、この襲撃を批判、過激派テロ組織イスラム国の反抗と指摘した。 現在のところ、どこからも犯行声明は出ていない。



トルコ南部では、夏季に「通り」で結婚式を行う風習があり、これを狙った犯行とみられている。 また、ガシアンテプは、シリア国境から近い場所にある。



この襲撃に対し「トルコを倒し勝つことができないため、民族や宗派間に敏感な人々を挑発することしかできなやつら。」と語った。


エルドアン大統領は、過激派テロ組織イスラム国と、PKK、軍事クーデターを企てたFETOは同じテロリストだと批判した。



ロイターに証言した目撃証言によると、爆発は、結婚式の終わりごろで、多くの人が踊っていた時に起こり、周辺に人の一部が散乱していたとのこと。



今のところ12の遺体が埋葬されているものの、そのほかはDNA検査を待たなければいけない。


国民民主主義党(HDP:クルド系)が発表したところによると、結婚式はHDPのメンバーの一人によるもので、クルド人様式の結婚式だったとロイターに発表している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。