otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・バルセロナ “Banc Expropiat”オクパ(スクワット)が新たに不法占拠開始

|


Be 3


5月23日5年間放置されていた元カイシャ・カタルーニャのオフィスを不法占拠していたオクパ(スクワット)が強制排除された”Banc Expropiat”は17日、新たな不動産の不法占拠を開始したとツイッターで明らかにした。


新たに不法占拠を開始したのは、強制排除された場所から約50メートルの場所で、実際には12日金曜日から占拠を開始していた。


発表が17日となった理由に、現在グラシア地区で行われている地区祭りを利用し、警察による強制排除を避ける狙いがあったとのこと。


新たに不法占拠を開始した場所はグラシア通り173番(Travesera de Grácia)。 オクパ(スクワット)グループ”Banc Expropiat”によると、この場所は5月に強制排除された場所を取り戻すための足掛かりにするためだけに占拠すると発表。 前回のように無料ヨガ教室や、無料カタラン語教室、地ビール販売などは行わないと発表している。




ソース

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。