otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ラ・カイシャ銀行財団40人の労働者がバケーションを利用して発展途上国でボランティア

|


Lacaiza


ラ・カイシャ銀行財団は40人の労働者を、インド、モロッコ、ガンビア、カンボジア、モザンビーク、セネガル、タンザニア、エクアドル、ボリビア、コロンビア、ペルー、ニカラグア、サルバドール、グアテマラ、ドミニカ共和国に最大4週間、バケーションを利用してボランティア活動のため派遣する。


このラ・カイシャ銀行財団の国際協力プログラムは今年で10回目。


16か国に派遣されるボランティアは、ラ・カイシャ銀行財団の他にも各国のボランティア団体と協力する。


ボランティアは事前に経験、やる気、将来への展望などで選考、約40人が選ばれた。


1997年から行われている同プログラムは現在まで63か国602のプロジェクトが行われ、1億2800万ユーロが援助された。


2006年からは、貧困から脱するための商業を立ち上げる手助け、ソーシャルエコノミックを中心にボランティア活動がされてきた。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。