otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・バルセロナ ティビダボに水を使った新しいアトラクションを建設予定

|


Dsc092671


バルセロナの山の上にあるテーマパーク、ティビダボ公園の現在利用していない場所に、水をテーマとしたアトラクションを建設する予定ということが分かった。 このアトラクションは、入場料を払わないで、一年中楽しむことができる予定。


新しいアトラクションはセル(Cel)の隣に建てられる予定で、光とインタラクティブな噴水が組み合わされる。 設計はダニ・フレイシャス(Dani Freixas)。


バルセロナ文化助役ジャウメ・コイボニは、記者会見の中で、「経営目的ではなく、街の娯楽を広げるのが狙い。」との事。


また、このアトラクションでは45歳以上の失業者を雇用する予定。


更に、ピクニックを楽しめる新しい場所も整備する予定で、完成は年末、604,888ユーロが予算として計上されている。


ティビダボ公園は、今年7月に115,043人が来客(昨年同月比で15%)、今年に入って350,573人が訪れている。


同時並行して、お化け屋敷Castillo Misteriosoが9月から改装工事予定。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。