otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

リオ五輪 ナダル選手3位決定戦敗退 「誰かがコントロールすべきだ。」

|


Nadal 2 1


テニス男子シングルス3位決定戦でラファ・ナダル選手が錦織選手と対戦、(6-2,6-7(1),6-4)で敗退した。


試合後ナダル選手は錦織選手の銅メダル獲得を讃え、「私は最後まで戦ったが、実際のところとても疲れた。 大会が始まってからとても大変だった。 そして今体力は空っぽになった。 2か月間試合をしなかった期間後の、この一週間は非常にきつかった。」とインタビューに答えた。


また、錦織選手が12分間のトイレットブレークを行ったことに関して「誰かがコントロールしなければならない。」と指摘。


この件に関し、1994年ウィンブルドン女子シングルス優勝者で元スペイン女子テニス選手のコンチタ・マルティネスはツイッターで「錦織選手にシャワーを浴びることができるほどの時間をトイレから帰るための時間に与えたのは信じられない。」と批判。 ツイッターでは批判のコメントが相次いでいる。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。