otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 ラホイ暫定首相「3回目の総選挙は、バカなことをするための素晴らしい方法。」

|


Rajoy2 5


夏休みで地元ポンテ・ペドラに帰省中のマリアノ・ラホイ暫定首相は、朝のウォーキングを終えたのち、メディアに対して「3回目の総選挙は、バカなことをするための素晴らしい方法。」と発言した。



「当然我々国民党は総選挙で勝利した。 我々が建設的な態度をとるのは当然だ。 しかし負けた政党も同じように建設的な態度を取るべきだ。」と語り、政権樹立に向け首班指名投票でラホイ暫定首相に「賛成票」を投票するよう指摘。



また、反対勢力にたいして、「理由のある何か(反対)を行うのは不可能だ。」「誰に対しても、何も要求しない。」「組閣失敗により、3回目の総選挙を行うのはバカなことをするための素晴らしい方法だ。」などと語った。



また、3回目の総選挙を行うことは、来年度予算案の採択の遅れ、総選挙経費、国民の生活の仕組みに影響し、スペイン経済に深刻な打撃を与える。」と指摘、「すべての人らが合理的であることを望む。」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。