otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 8月17日水曜日に国民党運営委員会会議開催

|

マリアノ・ラホイ暫定首相は13日、夏休みで帰省しているポンテペドラ県で、来週水曜日に国民党運営委員会の会議を行う意向を発表した。


ポンテペドラ県に帰省しているマリアノ・ラホイ暫定首相は、メディアに対し8月17日水曜日に国民党運営委員会の会議を開催、市民党の提示した6か条に関しての是非を問うと発表した。


市民党の提示した6か条に関して、「理論的に、政党が決定しなければいけない。 私個人で決定する事は出来ない。」と語った。


暫定首相はまた、会議後にアルベルト・リベラ党首と会談を行うと発表、「いずれにせよ、再々総選挙にならないことを望む、そうなればヨーロッパで笑いものになる。」「社会労働党が(首班指名投票で)”否定”を貫き通せば、組閣失敗となる。」と発言。


6か条を提示した市民党アルベルト・リベラ党首は、国民党が17日に会議を開くことに関し、「軽薄だ。」と指摘、政権樹立が急がれる中、夏休みのため会議開催を遅らせた国民党を批判した。


ソース

Rajoy, en la Armenteira: "Espero que todos seamos constructivos"



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。