otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州自治体カセラス(Casserres) 8月中、医者と郵便局がバケーション

|


Casserres


スペイン・カタルーニャ州の人口1,541人(INE調べ)の自治体カセラス(Casserres)で、医者と郵便局(コレオス)が夏の長期休暇を取り、8月中どちらのサービスも受けることが出来ないことが、カタルーニャプレスの報道により分かった。


カタルーニャ州公衆衛生局のホセ・コリージャスによると、8月中に医者が不在である理由を2点挙げている。 一点はカセラスの人口(が少ない)、もう一点は8月中の病院への受診数(が少ない)とのこと。


カセラス市役所は、市民の不安を取り除くためにも、最低限の医療サービスが必要と考えている。


また、休暇を取った医師は9月に育児休暇を取る予定で、医師不在期間が更に伸びる可能性がある。


現在病院には事務員と看護師のみ駐在している。


これを受け、集中と統一党(CIU)のジョルディ・セルガ議員は、「カセラスは、人口1,500人の村だが、老人が多く、最低限の医療サービスを維持する必要がある。」と指摘。


医者に診てもらうには6キロ離れた隣の自治体プッチ・レッチに行かなければならない。


また、この自治体では8月1日から郵便局も夏休みを取っており、コレオスによる郵便サービスを受けることが出来ない。 これも、隣の自治体プッチ・レッチに行かなければならない。


ジョルディ・セルガ議員は現在署名活動を行っており、月末にカタルーニャ州政府に届け出るとのこと。




ソース

Los recortes en Salud afectan a los pueblos pequeños: Casserres se queda sin médico en agosto

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。