otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサ 第37回世界ペーニャ総会 バルトメウ会長「我々は最も愛され、称賛され、世界的なスポーツの組織であるべきです。」

|

Basa


スペイン・バルセロナに本拠を持つバルサは10日、世界のバルサファン”ペーニャ”の総会を開催、2015年-2016シーズンの総括を発表した。


10日10時から行われた第37回世界ペーニャ総会では、バルトメウ会長も出席、4タイトルを獲得したことを受け、「今期も忘れられないシーズンとなった。」と発言。


総会はヨハン・クライフとマネル・ビックを偲んで1分間の黙とうから始まった。


「毎年この総会を開催すると、重要な人がいなくなっている。」

「まず、過去のことを説明しますと、6年間の戦略的プランを批准させたかった。 それは、負債の削減と”エスパイ・バルサ”の第一フェーズの完了、スポーツ計画の強化です。」

「私たちはそれらを達成できたことに大変誇りを持っています。  私たちは4つのタイトル英雄的に獲得しました。 コパやリーガのように。 ルイス・エンリケ監督は我々を楽しませ、素晴らしいショーを見せてくれ、我々の記録を破ってくれました。」

「今期も忘れられないシーズンとなりました。」

「セクションごとにみると、自戒するべき点もあります。 ハンドボール、アイスホッケーはタイトルを取りましたが、バスケットとフットサルでは光と影を見ました。」

経済面では、負債を削減でき、収入が増えたことで私たちは満足です。

司法分野では動きがありました。 我々の目標は事件を解決し、必要であれば我々の選手を守っていくことです。

「私たちはエスパイ・バルサの第一フェーズ、建築家を得ました。 私たちは(汚職の無い)透明で有りたいと思っており、(エスパイ・バルサの)展示会を開き16万5千人が訪れました。」

「社会分野では、情報をなるべく提供し、我々の気持ちを伝えるよう努めました。」

「財団からは、多くのプロジェクトを行っています。 私が最も満足している事は、FCB旅行です。 チームに付き添いたいという非常に多くの要求があります。 チームと一緒に旅行をするのです。」

「ペーニャは我々にとって世界唯一の原動力です。 このような総会を行えるに至ったのは、偉大なことです。 あなた方は我々バルサの協力により、近代的で、効率的な組織構造を持っていると言えることが出来ます、なぜなら貴方たちはバルサの大使だからです。」

「財団のプロジェクトでは、70万人以上の子供たちが参加しており、ますます増えています。」

「今年はユーロカップのウェンブレイ(91-92シーズンに優勝)から25年が経ち、我々がどのように成長してきたか振り返るべきです。 全ての人たちは意欲的でインセンティブを持っていました。」

「我々の戦略的プランは既に始まっています。 大きく、デジタル化した、最も愛され称賛されているクラブです。」

「私たちは成果のある分野だけにとどまっていてはいけません。 プロジェクトと活動を行わなければいけません。 サッカーとその他のスポーツでの優位性を維持しなければいけませんが、女性スポーツも重要です。 私たちの財務は健全です。 1億ユーロを選手ら(の育成)に投資することが出来ます。」

「私たちは際立った違いを見せる若い選手らと契約をしました。 私たちは未来のチームを作っています。 ネイマール、ブスケッツ、マスチェラーノ、ムニルと契約更新し、未来、現在と世界最高のチームを持っています。」

「多くの選手達が、夏休み終了前に帰ってきたことにとても驚きました。 世界一やる気のある選手たちです。」

「私たちの目的はまた、ハリウッド、アップル、NASAのように世界のナレッジ・センターになることです。」

FCBウニベルシタス(FCB大学)はナレッジ・センターとなり得るでしょう。」

「エスパイ・バルサは我々の評価を引き上げるでしょう。 より良い設備や、より良いスポーツ選手を得るでしょう。 バルセロナは観光の中心時であり、バルサの設備を見に訪れるでしょう。 それには、私たちはデジタル化を進めなければいけません。 私たちは最もサポーターを有する組織なのです。」


会長によると、バルサは過去最高の6億7900万ユーロの収入を得たと発表した。


総会で流された総括ビデオ

ソース

FCB

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。