otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ポルトガル マデイラ島の山火事で3人死亡、300人が怪我、千人以上が避難 EUに援助要請

|

Madeira2


アフリカ西部に位置するポルトガル領マデイラ島で8月8日から発生した山火事で、今までに少なくとも3人が死亡、300人が怪我(うち2人が重傷)、千人以上が避難している。 ミゲル・アルブケルケ知事が発表した。


山火事はマデイラ島中心市街の周辺で発生、北アフリカからの風と、高温により瞬く間に燃え広がり、火の手は市内にも広がった。


アルブケルケ知事は現地を訪れており、死亡した3人は家族で、突然燃え移った火により家が焼失したと確認した。


また、300人が負傷しており、そのうちの2人は重傷でリスボンの病院に緊急搬送された。


観光客を含む1000人以上が避難をしており、火の手は住宅地、倉庫、港湾、5つ星ホテル等に燃え広がっている。


ポルトガル内務省は欧州連合に救援を要請。 「現在火災の状況は制御下にあるものの、天候の変化による状況の変化を見守る。」「風が一番の敵だ。」と発表。


地元メディア”Jornal da Madeira”によると、今回の山火事は誘発された可能性があるとし、ポルトガル警察当局が容疑者を1人逮捕したと報道している。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。