otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ポデモス党マドリード青年部(CJM)内のセクハラ問題 エレホン「厳しく追及していく」

|



ポデモス党マドリード青年サークル内のセクハラ問題に関してエレホン政治幹事兼報道官は「非常に深刻な問題。」と答え、セクハラをした部内党員に対し「厳しく追及していく。」と語った。


8月1日マドリード州ポデモス青年サークル(CJM)に所属する女性党員が、部内でセクハラを受けていると訴え出た件で、エレホン報道官は「非常に深刻な問題」と答え、セクハラを行っていた党員に対し「法に則ったうえで厳しく追及していく。」と語った。


「残念ながら、ポデモス党は全てのスペイン社会を受け入れる避難場所ではない。」と発言。 青年部を男女平等の場にすることを保証するとともに、「我々は極度に用心するとともに、この様な行動に対し、厳しい態度で臨む。」と約束した。


スペインメディアOKディアリオが報じたところによると、セクハラを受けたと思われる女性は、8月1日に「マドリード青年サークルはもう私たち(女性に)とって安全な場所ではなくなった。 この状況を変えるための決断をした。」「このサークル内は男尊女卑や言葉による暴力だけではない。 プライベートな部分を侵害し、人との関係を侵害、性的暴力、精神的虐待、ゆすりもある。」と文書で訴えていた。


これを受け、青年部はセクハラをしていたとみられる4人を更迭、ポデモス党はこの件に関して調査を開始、被害を受けた女性は警察への届け出を保留している。


ソース

Errejón promete "toda la dureza" en el caso de supuesto acoso sexual en Podemos Madrid

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。