otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 終わらない責任の擦り付け合い:国民党「誰も脅迫していない。」

|


Casado2


スペイン社会労働党(PSOE)パチ・ロペス前下院議長の「国民党はPSOEに対し脅迫をやめるべき」との発言を受け、国民党パブロ・カサード副報道官はスペインテレビ「ラ・セクスタ」に出演、「国民党は誰も脅迫をしていない。」と語った。


インタビューでパブロ副報道官は「みんな足し算が出来る。 現在のこう着状態は、PSOEが原因だ。」「誰も脅迫をしていない。」と語った。


「最終的にはPSOEは棄権票を投じ、市民党が国民党と協力しこう着状態から脱する希望を捨てていない。」と副報道官は楽観的な見方を発言。


市民党に対して「市民党はその責任を果たした。 「反対票」から「棄権票」に変更した。 我々はそれが「賛成票」に代わると期待する。」 「3回目の総選挙回避のためには、PSOEの責任にかかっている。」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。