otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

イギリス・ロンドン ラッセルスクエアで刃物男 女性1人死亡、5人が怪我

|


Londres


イギリス首都ロンドン中心地で英国博物館近くのラッセルスクエアで刃物を持った男性19歳が暴れ、女性1人が死亡、5人が怪我をしたことが分かった。


イギリスの複数の現地メディアは、男性は精神的な問題を抱えていた可能性があると報じている。 テロリストとの繋がりを捨てきれていないものの、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)のマーク・ローレイ警部は、初動捜査によると容疑者は精神病を患っていたと発表している。


プレス・アソシエーションが報じたところによると、刃物を持った男性はラッセルスクエアで警官がテイザー銃を使用して身柄を確保されたとのこと。


BBCによると、現地時間3日22時33分頃に警察および病院に男が刃物をもって暴れており、けが人が出ているという通報があった。


襲撃により5人が怪我、60歳の女性が死亡。


警察の情報筋によると、ロンドンの安全性を高めるために600人の警官を配置するところだったとのこと。


英国では2014年、反テロ警報を最大レベル5のうち、4に引き上げていた。




ソース

Una muerta y cinco heridos por un ataque con cuchillo en el centro de Londres



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。