otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・ジローナ フラッシュモブで11人が怪我5人を逮捕

|

スペイン北東部カタルーニャ州ジローナ県の観光客で賑わうプラッチャ・ダアロ(Platja dAro)で、ドイツ人数人が”おもちゃの銃”の様なものを使いフラッシュモブを行い、勘違いをした周辺住民や観光客がパニックとなり、11人が怪我、フラッシュモブを行っていたとみられるドイツ人5人を公共の秩序を乱した容疑で逮捕したことが分かった。


事件が起きたのは8月2日22時頃、観光客グループが”おもちゃの銃”の様なものを使いフラッシュモブを開始。 大声を出してパニックを起こした。





フラッシュモブの様子はSNSで拡散され、また近くにいた住民や観光客はテロリストの襲撃と勘違いをして逃げた。


この際、9人が転倒するなどして軽いけがを負い、2人がパニックを起こし救急隊の治療を受けた。


112番の緊急番号には100件を超える問い合わせなどがあったとのこと。


その後プラッチャ・ダアロ地方警察及びカタルーニャ州警察は住民に対し「フラッシュモブだった。」と落ち着くよう放送しなければならなかった。


国家警察は公式ツイッターで刑法561条を発表、公共の場を危険にさらす、もしくは他人の助けが必要になる事態、及び警察、警察補助、救助隊の動きを阻害する可能性が発生する虚偽の発言や行動を行った場合、三か月と一日から一年の実刑もしくは3か月から18か月の罰則が科せられる可能性があります。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。