otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 憲法裁判所「独立プロセス法案」違憲判断 各政党の反応

|

  • カタルーニャ社会労働党(PSC)「分かっていた」

PSCのアリシア・ロメロ議員は、憲法裁判所の判断に対し「分かっていた」と語り、その決定を尊重すると発言した。


同議員は「誰も驚かない結果。」とエウロパプレスに伝えた。 「決定を尊重し、適切であると思っている。 これからはどうなるか注視したい。」と語り、州議会議長が刑事責任を負うことになるかどうか、経過を見守る模様。


憲法裁判所は、州議長に対し法案可決に至った経緯で、憲法に則っている理由を説明するための20日間の余裕を与えており、内容によっては議長に対し刑事責任を含む何らかの刑罰が下される可能性がある。


  • カタルーニャ国民党(PPC)

カタルーニャ国民党ハビエル・ガルシア・アルビオル幹事長は「憲法裁判所は、正気を保つ助けをした。」と記者会見で述べた。


憲裁が州議長に対し要請した、法案可決の法的根拠の説明に関し「分離独立派の行動を正当化するために稚拙ではなく、素晴らしい説明を期待している。」と揶揄。 独立派会派CDCとカタルーニャ共和主義左翼(ERC)に対し、「これらの二つの会派は、(独裁者)フランコが為しえなかったカタルーニャ州の自治権を脅かし、自治を奪うことが出来るだろう。」と批判した。


カタルーニャ州の日ディアダや、9月28日に行われるプッチデモン州首相の信任投票を前に、独立派会派らは中央政府の被害者という印象を付け、独立機運を煽る戦略を止めるよう求めた。


  • カタルーニャ共和主義左翼(ERC) 「不服従しなければいけないならば、命令に従わない。」

ERCジョアン・タルダ議員は憲法裁判所の決定を批判、ERCは憲裁の決定に従わない可能性があることを示唆した。

我々にとって重要なのは、カタルーニャ州議会に従うことである。 (中央政府に)反抗しなければいけないならば、反抗する。」とカタルーニャ・ラジオで語った。


  • 人民統一候補(CUP)「(憲裁の決定を)遵守しない。」

反資本主義分離独立派人民統一候補(CUP)ミレイア・ベイ議員は記者会見で「凍結判決を受けても、我々は分離独立を進めていく。 我々は遵守しない。」と明言。 



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。