otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン EU財政赤字目標未達成制裁中止へ

|


Guindos 2 27359

欧州理事会は27日、2015年度財政赤字目標未達成に対する制裁金、最大でGDP0.2%(20億ユーロ)を2年先延ばしにすることを決定した。 これにより、スペインは2018年までに財政赤字目標を3%以下に、2017年と2018年に合計100億ユーロの財政削減を求められた。


欧州理事会は「2013年6月21日に委員会で決定された財政赤字目標未達成による、スペインに対するGDP0.2%相当の制裁金をキャンセルする。」と発表。


元ラトビア首相のユーロ副首相兼社会対話相ヴァルディス・ドンブロウスキスは、スペインとポルトガルに対する制裁を中止したこと関して、過去6,7年間、財政構造改革に取り組んできたが、両国ともに社会的に根深い問題を抱えており、特に若い失業者が多い。 多くの市民が社会的困難に直面し、経済回復を感じていないと指摘したものの、「制裁の中止は最適な判断。」「制裁は、象徴的なものも含めて、過去を是正するものではない。 この数年多くの犠牲を払ってきた両国に対して、制裁金を課すことは理解できないだろう。」と語った。


理事会はまた、「重要なのは未来。」と指摘、ただ来年の予算案をEUに10月15日までに提出しなければならないと明示。 もしこの期限までに提出できなければ、地方援助基金を得られないどころか、GDP0.5%分の罰則金を「自動的に」支払わなければならない。


理事会の決定は欧州委員会にまわされ、10日以内に承認される見通し。

ソース

Contador

Bruselas cancela la multa a España por incumplir el déficit



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。