otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン経済1週間を振り返って (7月18日~22日)

|


  • ブリュッセルがトラック製造会社5社にカルテルで制裁金


欧州連合は、トラック製造会社5社に対し、カルテルが存在していたとして29億3000万ユーロの制裁金を科すことを発表した。 対象となる企業はMAN、Volvo/Renault、Daimler、Iveco、DAF。




  • 法人税、少なくとも20%になる見込み。


欧州連合が設定する財政赤字目標を達成するため、財政赤字分60億ユーロ削減を目指しており、このために法人税を改正、少なくとも20%が課税される予定。




  • 欧州中央銀行、社債購入プログラムでスペイン企業9社の社債を購入


6月8日から行われている欧州中央銀行による社債購入プログラムの一環で、スペイン企業9社の社債を購入した。 中にはテレフォニカ社、イベルドローラ社、レプソル社、ガスナチュラル社などがある。




  • スペイン公債30億ユーロ 3年物で初めてマイナス金利を記録


21日、スペイン公債が30億7700万ユーロ。 3年物の公債で初めてマイナス金利を記録した。




  • 国際通貨基金2017年度スペインGDP成長率を0.2%下げる


国際通貨基金は2017年度のスペインGDP成長率予想値を、ブレグジットの影響を鑑みて4月の予想値2.3%から2.1%に引き下げた。




  • 社会保障庁年金受給者個人所得税相殺に10億ユーロを基金から補填


現在年金受給者で個人所得税源泉徴収対象者は310万人。




  • ブリュッセル財政赤字目標未達成の制裁内容来週に発表


欧州連合は、スペインとポルトガルに対し、財政赤字目標未達成による制裁内容を7月27日に行うと発表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。