otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 ラホイ暫定首相、社会労働党に協力呼びかけ

|

与党国民党党首マリアノ・ラホイ暫定首相は19日、上下院議会成立後記者会見を開き、改めて首相となる意思を示した。


暫定首相はまた、現在法案通過待ちとなっている予算案等の可決を目指すため最小限でも政府樹立を8月までに目指すと語り、スペイン社会労働党に対し政治的停滞を長引かせない様協力を仰いだ。



記者会見で首相は「恐らくこれ以上長引かせる意味はないと思う。」と語った。



また、記者からの質問で「首班選出のためのプールの水はあると思いますか? もし協力が得られなければ、首相候補を辞退しますか?」との問いに、「重要なのは有るか、有るようにするかではなく、落っこちないようにするのだ。」と答え、他の会派らが政権樹立の責任を負っていると語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。