otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

“ポケモンゲットだぜ!”で警察の駐車場に侵入 25歳スペイン人男性二人に注意

|

グアルディア・シビル警察は18日、25歳代のスペイン人男性二人がマドリード・ロサス署内の駐車場に侵入しているところを発見、男性らはスペインでも社会現象になりつつあるポケモンGoで遊んでいたためと証言したことが分かった。


グアルディア・シビル警察がエウロパプレスに伝えたところによると、男性二人を発見したのは18日午前6時頃。 


駐車場にいた二人の男性に警官が近づき、その理由を聞くと「ポケモンGoを遊んでいて、ゲットしたいポケモンがここにいたから。」とのこと。 


警官は二人の身元を確認し、署内に侵入してはいけないと注意した。


先週からサービスが始まったポケモンGoは既に百万人以上がダウンロードされているとされ、先週も日本人観光客二人がバルセロナでポケモンをゲットするために高速道路に侵入、州警察に注意されていた。 また、国家警察もツイッターで安全にポケモンGoを遊ぶよう呼びかけている。

バルセロナ 日本人観光客(?)カップル ポケモンGOを遊んでいて、歩行禁止道路に侵入

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。