otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 財政赤字目標未達成によるブリュッセルの制裁に反対

|


Guindos 2 27359

(ギンドス暫定経済相)


欧州連合が、スペインの財政赤字目標未達成による経済制裁発動の可能性に対し、ラホイ暫定首相とギンドス暫定経済相は、反対する意向を示した。


現地メディアのエル・パイスによると、現在欧州連合ではスペインに対し10億ユーロの地方支援基金の凍結及び、2017年までに100億ユーロの財政赤字削減を求める法案が議題にされているとのこと。


これに対しマリアノ・ラホイ暫定首相は、「現在スペインのGDP成長率はEU国内でも高い水準の3%を超えており、今後もこの水準の成長率を維持することが出来る。」「緊縮財政政策は、経済成長がなく、雇用創出が滞ったとき、すなわち経済停滞したときに行うべきであるが、現在スペインはその傾向にない。」と指摘。


更にギンドス暫定経済相は、「スペインは一年以上GDP成長率3%以上を維持している。」「昨年は、特別な緊縮財政を敷かなくても70億ユーロの財政赤字削減を実現した。 従って、この調子でいけば財政赤字目標3%は実現可能で、一年間で50万人規模の雇用創出を見込める。」と語った。


EUの求める財政赤字目標は2016年で3.9%、2017年で2.5%。


スペイン暫定政府が試算したところによると、2016年では4%、2017年は2.9%としている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。