otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス・ニーストラック暴走事件 ISが犯行声明を発表

|

7月14日にフランス南部の観光地ニースで、フランス革命記念日の花火を見に来ていた観光客に白いトラックで突っ込み、死者84人、重軽傷者200人以上を出したトラック暴走事件で、過激派テロ組織イスラム国(IS)が犯行声明を出したことがわかった。 エウロパプレスが伝えた。


ISの通信社AMAQが伝えたところによると、ニースでトラックを運転していたのは、ISの兵士であり、米国を中心とした同盟国へ攻撃せよとの呼びかけにこたえたものであったとのこと。


トラックを運転していたのはチュニジア生まれのフランス人男性31歳Mohamed Lahouaiej Bouhlelで、三歳児の父親。 フランス当局は、ニースに住む犯人に近しい人物3人を逮捕した。


土曜日にニースで予定されていたジャズフェスティバルは、安全確保のため20日に延期された。


ソース

Estado Islámico reivindica el atentado de Niza

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。