otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス暴走トラックの犯人の身元が判明か チュニジア系フランス人31歳

|

7月14日深夜、フランス南部のニースでフランス革命記念日の花火を鑑賞していた観客たちに白いトラックが突っ込み、今までに少なくとも84人が死亡した事件で、運転していたと思われる男性の身元が判明したと、現地メディア”Nice matin”が報じた。


報道された内容によると、容疑者はモハメド・ラホアイヘ・ボウフレル(Mohamed lahouaiej Bouhlel)チュニジア系フランス人31歳、配達専門員でニース北部に住んでいたとのこと。


トラック内に残された容疑者の運転免許証を、警察当局が発見していた。


容疑者は3歳児の父親で、いまのところ過激派テロとのつながりは無い。


また、地元テレビBFMによると、トラック内に運転免許証のほか、携帯電話と銀行のキャッシュカードも見つかったと報じている。


ソース

Mohamed Lahouaiej Bouhlel, identificado como el autor del atentado de Niza, según un diario local

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。