otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス南部ニースで起きたトラック暴走犯はチュニジア人か

|


Atentado 4


フランス南部で14日、フランス革命記念日の花火見物客にトラックが突っ込み、今のところ少なくとも84人が死亡、300人以上が重軽傷を負った事件で、トラックに乗っていた犯人のものと思われる文書が発見され、チュニジア系フランス人男性31歳の可能性があると発表、エウロパプレスが報じた。


トラックに乗っていた犯人は警察により射殺され、脅威は無くなったフランス内務省報道官は発表。


オランド大統領は、「テロリストの可能性を否定できない。」と語っている。


また、今回の事件で7月26日に終了予定だった国家非常事態宣言を3か月延長すると発表。 本日行われる予定の安全保障会議に出席後、ニースに向かう予定。



ソース

Hallan documentación de un francés de origen tunecino en el camión del atentado en Niza



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。