otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

脱税によりレオ・メッシに21か月の有罪判決

|


Messi 3


エウロパプレスによると、バルセロナ裁判所はFCバルセロナのリオネル・メッシ容疑者とその父親ホルヘ・オラシオ・メッシ容疑者に対し、合計21か月の有罪判決を言い渡したことが分かった。


リオネル・メッシ選手は2007年から2009年にかけて、肖像権に関する所得税の申告を適切に行わなかった。


また、メッシ選手は申告漏れ分とそれに伴う罰金を支払っていた。


エウロパプレスによると、21か月の有罪判決では、24か月に満たず、前科もないことから服役する義務は、当初のところないとのこと。


判決によると、メッシ選手には、1年あたり7か月の服役刑で合計21か月。 2007年の脱税に関して532,313.31ユーロの罰金、2008年の脱税に792,300.54ユーロ、2009年では768,387.70ユーロの罰金を課す。


父親ホルヘ・オラシオ・メッシに対しても同じく1年あたり7か月の服役刑と、2007年と2008年、2009年の脱税ほう助に対しそれぞれ532,313,31ユーロの罰金が課せられた。


今後、最高裁判所に上告する可能性がある。


ソース

Condenan a Leo Messi y a su padre a 21 meses de prisión por fraude fiscal

判決文全文

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。