otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード、カタルーニャの複数の市役所に家宅捜索 11人が汚職の容疑で逮捕

|


66904


グアルディア・シビル警察は5日、スペイン国内の複数個所の市役所に家宅捜索を行い、合計11人を横領などの容疑で逮捕したことが分かった。 カタルーニャ州タラゴナ県を中心とした今回の一斉摘発は、市役所と契約している企業との癒着問題が原因。


家宅捜索が入ったのはカタルーニャ州タラゴナ県では、トルトッサ市役所、アメッジャ・デ・マル(Ametlla de Mar)市役所、バンデヨス(Vandellòs)市役所、アスコ市役所等。 また、マドリードではトレホン・デ・アルドス(Torrejón de Ardoz)市役所、チンチョン(Chinchón)市役所、ミラフローレス(Miraflores)市役所等。 また、カタルーニャ州に本社を置く複数の企業にも家宅捜索が行われた模様。


エウロパプレスが伝えたところによると、摘発の容疑は横領、マネーロンダリング、組織犯罪、背任行為。


今回の捜索にはマドリードとカタルーニャの反汚職検察局の協力を得て行われた。


また、グアルディア・シビル警察は現カタルーニャ州カルレス・プッチデモン首相が2011年から市長を務めていたジローナ県地方政府に対して、情報の提供を要請。 家宅捜査は行われなかった。


汚職が疑われたのは、2014年から捜査が行われているアルトゥール・マス前州首相が党首を務めるカタルーニャ民主集中(CDC)とカタルーニャ主義・民主主義財団が、不動産コンサルティング会社Teycoとの癒着問題(コミッションで3%をCDCに渡していた疑い)により、大規模な癒着が発覚した。


ソース

Once detenidos en una operación contra el amaño de contratos en Ayuntamientos de toda España

スペイン カタルーニャ民主集中(CDC)へ汚職事件捜査のメスが入る。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。