otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード・ゲイ・プライド・パレード2016で124トンのごみが出ていたことが明らかに

|

マドリード緊急清掃サービスは、ゲイ・プライド・パレード2016後、124トンのゴミを収集したことを明らかにした。


124トンのうち、81.5トンはパレードの通り道で収集された。



124トンのゴミのうち、14トンはグランビア大通り、6.5トンはラ・プエルタ・デ・アルカラ、4.5トンはプラサ・デル・レイ、3.8トンがスペイン広場。 ソル広場2.2トン、ペドロ・セロロ広場2.8トン。



昨年の同パレードでは、パレードによる直接的なゴミは129.7トンで、合計で166.47トンのゴミがでていた。



また今年のパレードでは、36人が病院に搬送、208人が手当を受け、そのうち若い男性がアルコールと麻薬を摂取し意識不明の重体となり、プリンセッサ病院に搬送された



ゲイ・プライド・パレードに参加したのは100万人以上に上るといわれ、マドリード市への経済効果は1億5000万ユーロと試算されている。



パレードを円滑に行うため、土曜日夕方から夜中にかけて400人の自治体警察が出動、212人の救急隊員やボランティアが参加した。



この数日間のマドリード・ゲイ・プライドで、合計1,200人の警官が出動、300人のボランティア自警団、100人の救急隊員、消防団員6名、ゲイ・プライド・パレードのボランティア350名、警備員125名が参加した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。