otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ヨーロッパ最大規模のセセニャ不法タイヤ廃棄場 タイヤの撤去開始

|

Sesea 1 1 2


5月13日早朝にマドリード市郊外の自治体セセニャにあるヨーロッパ最大規模の不法タイヤ廃棄場から出火、完全に消化するまで3週間以上を費やし、周辺住民の避難まで行われた大規模火事で、不法投棄されていたタイヤがついにマドリード州により撤去が開始された。


タイヤの撤去、廃棄、リサイクル、同地区の整地を担当するのは、TRAGSA公団で、消火作業の終わった廃棄場の状況を調査した結果、現場に残された金属片など有害ではなく、廃棄作業を行えると判断した。


これにより同社はリサイクル工場に廃棄物の輸送を開始した。 


また、これと並行して廃棄場のホコリが舞い、空気汚染になる可能性があるため、同廃棄場にポリマーの層を作り保護する。


ソース

La Comunidad comienza a retirar los residuos del incendio del vertedero de neumáticos

カスティリャ・デ・ラ・マンチャ セセニャ不法投棄タイヤ明日明後日中に鎮火
セセニャ古タイヤ廃棄場火災 リサイクルタイヤ業界の戦争に巻き込まれたセセニャ
セセニャ タイヤ廃棄場火災 消火に1週間半から2週間と予想

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。