otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題激化 カタラ法相「盗聴は違法、証拠として提出できるか精査する」

|

ホルヘ・フェルナンデス・ディアス暫定内務大臣とカタルーニャ州反汚職局ダニエル・デ・アルフォンソ局長の会話が盗聴され、その内容が漏洩した問題で、ラファエル・カタラ暫定法務大臣は「盗聴した会話の漏洩は違法。」と語った。


国王ホアン・カルロス大学のイベントに出席したカタラ法相は、「憲法裁判所の法解釈によると、両者の同意が得られた会話の録音は合法である。 もし両者が同意していなければ違法である。」と語った。


法相によると、現在録音がどのように行われたか”内務省”が調査中で、証拠が揃い次第刑事事件として捜査を行う予定だとのこと。


中央政府

「憲法裁判所の命令を無視して行われたカタルーニャ州独立を問う住民投票は違法。 刑事事件として前州政府首相ら3人の捜査を続行。」

カタルーニャ州政府

「(漏洩した盗聴の内容をもとに)内務大臣と反汚職局長が共謀して特定の政党を攻撃しようとした。 内務大臣を告訴する予定。 局長を解任する予定。」

中央政府

「盗聴は違法。 証拠として効力を持たない。 内務省がどのようにして盗聴されたか捜査し、刑事責任を負わせる。」


カタルーニャ州と中央政府の摩擦が激化している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。