otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 “26J” パブロ・イグレシアス(ポデモス党)のメッセージをペドロ・サンチェス(PSOE)が無視

|

スペインのテレビ「ラ・セクスタ」に出演したポデモス党のパブロ・イグレシアス幹事長は、「(6月26日に行われた)総選挙の夜にペドロ・サンチェス幹事長に話し合いを持つ提案をしたメッセージを送ったが、(2日たった今日まで)まだ返事が来ない。」と語った。


パブロ・イグレシアス幹事長は、アンダルシア州政府スサナ・ディアス首相の発言を引き合いに出し、ペドロ・サンチェスの行動と合わせ、「PSOEは国民党マリアノ・ラホイ暫定首相の政権を支持しているように思う。」と発言。


また幹事長は、国民党主導の政権を許さないとしながらも、市民党とPSOEがそれを許すなら彼は首相となるだろうとも語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。