otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 “26J” ウニードス・ポデモス党パブロ・エチェニケ組織幹事 「結果に不満。」「敗因分からない。」

|

Fotonoticia 20160627135805 640


昨日行われた出戻り総選挙の結果を受けて、ウニードス・ポデモス党パブロ・エチェニケ組織幹事は「満足のいかない結果。」と答え、国民党が”太った”のは、社会労働党がポデモス党を攻撃したからだ、と語った。


また、社会労働党とも、市民党とも連立を組まないと表明、全ての道を閉ざす構えだ。(パブロ・イグレシアス幹事長はPSOEと連立を組むと表明していた。)


今回の総選挙は、ブレグジットや、事前に行われていた世論調査等が影響していると指摘しながらも、「現在我々は、選挙結果を分析中で、世論調査のようにならなかった理由を模索中だ。」とのこと。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。