otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 “26J” 市民党アルベルト・リベラ党首「ラホイ暫定首相を拒否したことは一度もない。」

|

出戻り総選挙後1日目の27日、市民党アルベルト・リベラ党首は、地元テレビ「テレシンコ」に出演、「ラホイ暫定首相を拒否したことは今までに一度もない」と発言した。


アルベルト・リベラ党首は、「議席ではなく改革を話すために国民党、社会労働党、市民党で話し合う。」と三者会談を提案。


本日リベラ党首はすぐにラホイ暫定首相、ペドロ・サンチェス幹事長、に連絡を取り日取りを決定したい構えだ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。