otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ガリシア 捨てられるペットの数が15%増加

|

Fotonoticia 20160625121650 640

(エウロパプレス カルタヘナ市)


動物保護団体リベラは、1月から6月までにペットが捨てられた数が約8,500件に上り、昨年より15%増加しているとして、飼い主らに無責任にペットを飼わない様警鐘を鳴らしている。


2015年1月から6月までのペットの放棄は7,400件で、昨年よりも1,100件増加しており、このままでは今年17,000件になる見込みとされる。 この数字は2013年と比較して4千件多い数。


動物保護団体は、ガリシア州政府に対し、2年前に約束された放棄されるペットに対する調査や協力等を行ってこなかったと批判した。


これを受け、州政府や役場などに対し、何らかのキャンペーン運動を行うことを要請。 ペットを放棄した場合、最大5千ユーロの罰金が課せられる。


また、2013年に放棄されたペットを保護するため、200万ユーロの経費が掛かっており、2016年には300万ユーロにまで膨れ上がると試算している。


ソース

Denuncian un aumento del 15% de abandonos de animales en Galicia en lo que va de año

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。