otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン総選挙 “26J” 各政党代表の選挙前の過ごし方

|

Candidatos2


明日の出戻り総選挙を控え、選挙運動が一切禁止されている25日土曜日、各政党代表は思い思いの休日を過ごしている。


国民党マリアノ・ラホイ暫定首相は、朝から愛犬の”りこ”(金持ちと言う意味)と運動を行った。 その様子は公式ツイッターでも投稿されている。


その後、首相官邸で家族と食事し、ブレグジットに関する動きを追うとのこと。





一方社会労働党のペドロ・サンチェス幹事長は、ランニングで一日が始まった模様。 また、今日一日は家族と一緒に過ごす予定。 友人らと自宅で食事をする模様。 その後、女性サブ17世界バスケット選手権スペイン対ブラジル戦を観戦予定。



ポデモス党のパブロ・イグレシアス幹事長は、総選挙前の今日、バスケットやサッカーを楽しんでいる。




市民党アルベルト・リベラ党首は党員らとマドリードのレティーロ公園を散歩。 テラスでコーヒーを飲んでいた。 その後はバルセロナで娘と一緒に過ごすとのこと。


左翼連合代表ウニードス・ポデモス党マドリード候補5番アルベルト・ガルソン党首は、マラガの実家で過ごす。 家族の結婚式に参加、その少し前に人気ビデオゲーム「アサシンズ・クリード・ユニティ」を遊んだとツイッターで投稿している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。